海外から輸入する際に送料で失敗した話〜インコタームズと配送料の関係

この記事は約5分で読めます。

最近は海外からの輸入も簡単に出来るようになっているから、ものを買う時は海外のサイトもチェックしています。

そこで気になるのは送料の関係。輸入する時にはどういったお金がかかるのか、気になります。

気になっているけれど、実際のところ買うもの、買う場所、契約等によって色々変わるので何とも言えませんが、今回は輸入素人がドキドキしながら購入して失敗した体験談です。

購入したサイト

mouser.jp

半導体のネット販売商社Mouser Electronics, inc.の日本法人(Mouser Japan合同会社)が運営するサイトです。Mouser Electronicsの海外拠点の1つですが、会社間の関係性はいまいち分かっていません。

何故こういう書き方にしたのかと言うと、Mouser Electronicsから直接輸入手配がどうのこうのという所が今回の失敗の原因になったからです。

購入する際に選択したもの

通常の購入と同じようにカートに入れ、発送の選択肢で、

「さらに多くの発注オプションあり」

をクリックすると、

FCA(関税、消費税は配達時に集金)

の中に、

「FedEx インターナショナルエコノミー – 受取人払い」

とあったので選択しました。
デフォルトは、

発注時に消費税が加算されたDDP(Mouserが支払う関税および通関手数料)

であり、2000円でした。

衝撃の運送料金が決済されました

関税と消費税については、調べた通りで発注品及び金額により、かかっていませんでした。
しかし、後日FedExより、運送料金(6,268円)の引き落とし兼請求がありました。
まさかの高額だったのでFedExに問い合わせて、内容確認しても運送料の請求書が送付されたのみで、何故こうなったかの内容はわかりませんでした。

そこでMouser Japanにも問い合わせをして、何故こうなったのかを考えました。

運送料がかかった理由

結論から言うと、「インコタームズがFCAだったから」です。
元々、発注の際には、発送は(インコタームズ)「DDP」がデフォルトの設定であり、その場合は、Mouserが責任を持って運送料も込みの発送となるみたいですが、「FCA」の場合は、Mouserは運送業者への引き渡し(今回の場合はFedEx)までが責任範囲になり、そこから先は受取人の責任、と言うことらしいです。

発注の際の発送の選択肢の記載は、「関税、消費税は配達時に集金」としか書いてなかったので、発注時に、運送会社の運送料までは全然考えていなかったです。

Mouser Japanの回答と契約条件

Mouser Japanに問い合わせた結果、詳細は契約条件をご確認下さいということでした。
送付されてきた契約条件(HP上の契約条件は英語でしたが、送付されてきたのは日本語でした)を確認すると、

円建てで発注および支払いが行われる場合は米国に所在するMouser Electronicsから直接本製品を輸入できるものとしますがその場合、Mouser Japanは本製品についての所有権をあらかじめ取得しないものとし、また、本製品の輸入について手配致しません。

つまり、直接、発注者が輸入手続きをすることになり、Mouer Japanは何もかんでくれない(輸入について手配しない)ということがわかりました。

その後に続く契約条件は、

その場合、本製品は、Mouser Electronics FCA条件で(インコタームズ2010)お客様に出荷されるものとし、本製品の輸送手配および本製品の輸入についてお客様が責任を負うものとします。疑義回避の目的上、上記の場合、お客様が輸入者となり、本製品の輸入について単独で責任を負うものとし、かかる責任には、すべての関税および税金の納税、および、必要な輸入手続き全般の履行が含まれます。

だそうです。

分かりにくいのが、「本製品の輸送手配および本製品の輸入についてお客様が責任を負う」、「お客様が輸入者になります〜必要な輸入手続き全般の履行が含まれます。」などあり、輸入手続き自体は発注者から直接FedExに依頼していることになっているようです。

しかし、実際の購入手続きはmouser.jpのサイト上で「FedEx インターナショナルエコノミー – 受取人払い」を選択しただけで、料金体系は表示されておらず、その他の手続きは何もしていないのにも関わらず、輸入者にされてしまっています。
その選択を輸送手配と言うのかどうかはわかりませんが、輸送手配したことになっており、この責任の中に運送料も入っているのだと思います。

反省点について

関税や通関手数料がかかるかどうかについてはかなり気になったので調べましたが、運送料については全然意識にありませんでした。
「DDP」や「FCA」などのインコタームズについては聞いたことあるなーくらいのレベルだったので、気になってちょっと調べようとしたものの、内容が難しく理解せずに無視したのが不覚でした。

不親切な点についての改善要求

それにしても、サイト上で不親切だと思うのは発注時には「直接本製品を輸入できるが、輸入する」ことになるかどうかは不明であること、また、購入手続き上、配送方法の選択時には、「関税、消費税は配達時に集金」しか記載されていなかったことです。
たしかに「FCA」について調べると、運送人に渡した段階で責任を逃れる、とありますし、契約条件を見ると同様の記載がありますが、そうであれば「FCA」の選択時の括弧書きに送料のことの記載をするか、輸入手配の手続きへの案内があってしかるべきではないか、と思いました。

と言う、思いの丈をMouser Japanに要求しようと思いますが、料金自体は何ともならないと思います。

おわりに

安く買おうとして結局高くなったと言うお話です。結論として、インコタームズを「DDP」で輸入した場合は2000円の手数料で済んだと思われますが、「FCA」にしたことで、実質4268円の勉強料が追加でかかりました(泣)
当初は送料2000円でも高いと思って悩んでいたのがバカみたいですね。。。

今回のは契約条件を確認すると、「円建ての場合は、〜」とあったので、そうでない場合もあるのかと、後から調べると、US dollarの支払いも購入手続きに入る前の設定で変更可能でした。ただし、その場合、インコタームズが自動で「FCA」になるので結果的に同じことになっていたと思われます。

今後購入される場合は是非参考にして頂ければ報われます。

コメント